So-net無料ブログ作成

プリズムスタンド Ver.2 [アルコールストーブ:自作]

P_stand-2.jpg
おちょこストーブに合わせるために、ゴトクをさらに軽量化してみました。
プリズムスタンド Ver.2

もうプリズム型じゃなくなっていますが・・・

P_stand-4.jpg
左は従来のプリズムスタンド(70mm×70mm×70mm)。

すべての寸法を10mmずつ切りつめて60mm×60mm×60mmにしました。

メインの素材はいつものステンレスバネ線(1.2mm)、
ジョイントの部材は、内寸2mmのシリコンチューブを使っています。
シリコンチューブは耐熱性ではあっても直火に当たれば燃えてしまうので、
ゴトクの下半分くらいまでに止めています。

ちなみにシリコンの部分であれば本体が熱くなっていても
素手で持つことが可能です。

P_stand-5.jpg
強度はポット+500ccの水の重量を支えられるギリギリのラインです。

P_stand-6.jpg
おちょこストーブをセットした状態。

P_stand-7.jpg
おちょこストーブミニをセットした状態。
あんまり変わりませんね・・・

P_stand-8.jpg
ギリギリまで軽量化して、6g以内におさめることができました。

P_stand-11.jpg
おちょこストーブミニとの組み合わせでは9.4g。

P_stand-9.jpg
分解、組立は従来のものより格段に楽になりました。
ジョイント部は滑らかに動かすことが出来ます。

P_stand-10.jpg
そして、このようにコンパクトに収納できます。

P_stand-1.jpg
実際に使うとこんな感じ。

お湯が沸騰すると僅かにポットが揺れますが、
気にしなければ大丈夫・・・^^;

今回は軽量化を最優先して作りましたが、
1.5mmくらいのSUSバネ線を使えば
もっと汎用性の高いものが出来るかも知れません。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 2

りるびわ~くす

途中のはもう少し短めにして上から見て2等辺3角形にした方が、
クッカーの安定性が増すのではないでしょうか?
簡単に寸法が変えられるのも良い設計です。

直火が当たらないところへのシリコンチューブ採用は、
とても良いアイディアですね。
皆さん盲点で悔しがっていると思います。

by りるびわ~くす (2013-07-23 22:53) 

KMKMR22

すべての部材を限界まで切りつめたらこうなっちゃった、という感じです。
シリコンチューブがあと5mm長い状態ではかなり安定していたんですけど・・
水が強めに沸騰すると激しく揺れるのでビビリました^^;

by KMKMR22 (2013-07-24 19:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。