So-net無料ブログ作成

アルコールストーブの風防 [アルコールストーブ:自作]

windscreen-3.jpg
思いつくままにストーブを色々作ってきましたが、
さすがにそろそろネタ切れ、アイデアが出てこない・・・

という訳で今日は風防について。
地味ですが役割は結構重要です。

windscreen-2.jpg
真上からみるとこんな感じ。

ポットスタンドにピッタリ合わせてセットすると・・・

windscreen-1.jpg
こんな感じになります。

風を避けつつ内部の酸欠を防ぐために、
ポットと風防の隙間は5mm程度に設定。

windscreen-4.jpg
材料はアルミ缶。500ml缶を2個つなげています。

ビール缶を使えばかなり軽くできますが、ちょっと薄くて弱いかも。
キャップ付きドリンク缶の方が強度があってオススメです。

また、そのままだとコシがないので四隅を折り曲げ加工してあります。

炎にあぶられるので、塗装は落とした方がよいと思います。

windscreen-5.jpg
下部の穴あけは紙用のパンチで。

windscreen-6.jpg
ポットの中にこんな感じに収まります。

本当はもう少し背の高い風防にしたいのですが、
ポットに収納しようとするとこの高さが限界。

また、何回か使うと上部が熱でヨレヨレになりますが、
今のところこんなもんでいいかなと。

本当はチタンフォイルとかを使ってみたい気もしますが・・・





タグ:alcohol stove
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 2

りるびわ~くす

五徳で風防を押さえているいるのがオシャレです。
そよ風程度なら風防はびくともしないですね。

グルーブストーブでの実験だと風防の上部の隙間は5mmでは狭すぎで、
暴走しないためには最低でも20mm必要でした。
隙間も色々と試されると面白いと思います。
by りるびわ~くす (2013-07-15 09:23) 

KMKMR22

りるびわ~くす さん こんばんは

2回程野外(風アリ)で使ってみましたが、隙間5mmで大丈夫でした^^。

グルーブストーブのような直置きタイプは、きっとポットからの輻射熱でアルコールが加熱しやすいのでしょうね。

暴走の動画拝見しましたが、怖いです・・・
by KMKMR22 (2013-07-18 01:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。