So-net無料ブログ作成

LEATHERMAN SqirtPS4 [山道具]

手持ちの装備を軽くする上で真っ先に思いついたもののひとつがナイフ、というかマルチツール。

R0011509.jpg
高校時代に買ったビクトリノックスのチャンピオン
(今はスイスチャンプと言う後継モデルに変わっている)を長らく使っていました。


当時は登山を始めたばかりでどんな機能が必要なのか全く知らなかったので
「とにかくたくさんの機能があった方が良いに違いない」というアサハカな理由でした。
まさに若気の至り・・・

しかし、実際頻繁に使うのはナイフとハサミくらい。その上実測:148.5gとえらく重たい。

その数年後、調理のために長めのナイフが欲しくなり、同じくビクトリノックスのピクニッカーNLを購入。
これは実測:81.5gなので比較的軽量。でもハサミがないのがちと寂しい。というか無いと不便。
ついでにプライヤーも欲しかった。

そこで購入したのがレザーマン SqirtPS4。
同じくレザーマンのSTYLE PSと比較して散々悩みましたが、結局ナイフ付きのPS4を選択。

R0011507.jpg
大きさの比較。左からPS4、チャンピオン、ピクニッカーNL。
PS4は実測:56.5g

R0011513.jpg
ハサミ、マイナスドライバー兼栓抜き、プラスドライバー。
プラスドライバーは眼鏡のネジも締められる。

R0011510.jpg
R0011517.jpg
プライヤー。薄い作りになっているが摑む力は十分。
根元はワイヤーカッターになっているが、硬線の切断は無理でした。

R0011511.jpg
ヤスリとナイフ。表側にはナイフの刃の面はフラット。

R0011512.jpg
裏側。ヤスリは表裏で目の細かさが異なる。ナイフの刃(研ぐ面)はこちら側。

実際、山で使ってみるとプライヤーが大活躍。
頭の埋まったペグを引き抜いたり、鍋つかみの代わりになったり、ロープの固い結び目をほどいたり。

大きさ、機能ともに大満足ですが、少しだけ不満もあります。
左利きの私にとって片刃のナイフは、物を削ったりするときに非常に使いづらいんです。

また、ビクトリノックスはステンレスの表面が鏡面仕上げですがレザーマンはヘアライン仕上げ。
好みが分かれるところですが、正直、鏡面仕上げの方が好みです。汚れが落ちやすいので。

それ以外はほぼ満点の出来。
あとは小さすぎるので無くさないように注意しなきゃってことくらいですね。

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

Cialis 5 mg funziona

沒有醫生的處方
generic cialis 20mg tablets http://cialisyoues.com/ Tadalafil 20mg
by Cialis 5 mg funziona (2018-04-14 12:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。