So-net無料ブログ作成

Tornado Cask Stove [アルコールストーブ:自作]

Tornado Cask Stove(竜巻酒樽型ストーブ)。
形状に特徴がないのでムリヤリなネーミングです^^;

Tornado Cask Stove-1.jpg

「15mlの燃料で400mlの水をなるべく早く沸かす」ことを狙って
いろいろなストーブを試作しましたが、
一番バランスが良いと感じたのは直径40mm前後。

そして、以前に作った樽型のトルネードオープンジェットストーブを改めて見てみると、
ジェット孔の配列直径が38mm、
缶の底の部分の直径が内寸43mmとなっていて理想的な大きさ。


Tornado Cask Stove-2.jpg

そこでおちょこストーブの中身を ”お茶缶式嵌合" を
利用して組み込んでみました。

おちょこストーブよりも筐体の強度が上がり、
IBストーブよりも軽くなるので携行もし易いです。

また、お茶缶方式の嵌合により、
燃料をボトルに戻す作業が簡単になりました。

ズボラな使い方をする私にとっては、
燃料の計測が基本不要になるのはとても楽。

さらに、ゴトク付きのケース部分は
固形燃料等の燃焼台としても使えます。

と、いいこと尽くめのようですが、欠点もあります。
ジェット孔回りのアルミパーツ(上フープ)に厚みがあるせいで
本燃焼がちょっと遅めです。

まあ、十分許容範囲だと思いますが・・・



タグ:alcohol stove
nice!(3)  コメント(15)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 15

oink!

取り外せるメリットは大きいですね。
それにしても仕上げが綺麗。いいですね~
by oink! (2013-09-18 20:59) 

KMKMR22

ありがとうございます。
でも、実は小傷だらけなんです。
写真ではうまくごましていますが・・・
本当は渋めのヘアライン仕上げにしたいのですが、製作途中で傷が結構ついてしまい
止む終えず磨いている、という感じです^^;
by KMKMR22 (2013-09-19 22:22) 

yazine運営担当 岡田

ブログ読みました。ストーブの作り方など、とても個性的な内容で、楽しみながら読ませて頂きました。私はアウトドア好きの楽しい体験が集まる「YAZINE」を運営しているスタッフの岡田と申します。ここでは様々なアウトドアの趣味を持つ人同士が体験記を書いています。YAZINE URL:http://8zine.com
私たちはアウトドア好きの上手な付き合い方や楽しみ方を多くの人に是非知ってもらい仲間を増やしたいという夢をもって活動をしています!
もしYAZINEの思いに共感頂けましたら
・Blogのお話をYAZINEで書く
・YAZINEをBlogで紹介する
・YAZINEバナーをBlogに張る
・YAZINEの体験を読む
・Facebookいいね!https://www.facebook.com/8zine?ref=hl
などでご協力頂きたく、ご連絡致しました!共感頂くだけでも嬉しいですが、小さなことでも応援いただけると私達の励みになります。
ぜひ、KMKMR22 さんの個性的な記事をYAZINでも書いて下さい。よろしくお願いします!
「YAZINE」運営スタッフ
岡田 YAZINE  info@8zine.com
運営会社 バルール株式会社
by yazine運営担当 岡田 (2013-09-23 02:20) 

Asam

はじめましてAsamと申します。
ブログを見て、これ作ってみました。
その前におちょこストーブが内臓されている「IBストーブ フープバージョン Ⅱ」
を作ってみましたが、あまりきれいにできず、それでも一応トルネードはでました。しかし、このモデルはどうゆう訳かトルネードがです、まっすぐ炎が立ち上ります。
しかも「お茶缶式嵌合」部分の隙間から挙句の果て炎が出てくる始末です。
おちょこストーブから再出発しようかと思っています。
手元にヘヤースプレー缶がありますが、外形50mmは太すぎますか?
by Asam (2013-10-02 11:58) 

KMKMR22

Asamさん、はじめまして
色々と試して頂いているようで嬉しい限りです^^。

炎がまっすぐ上がる理由は、多分ジェット孔が内側に寄っているせいかな、と。
「缶の底の曲線が一番キツい部分より少し中央より」を狙ってみてください。
コカコーラのミニ缶であれば、私は半径19mmの位置にしています。

嵌合部分についてですが、合わせ目がゆるいとどうしてもガス漏れが起きてしまいます。上下缶が重なる部分を長めに設定すれば漏れも最小限になると思いますが・・・
あと、内筒にガス抜き用の穴を開けてくださいね。

ストーブの外形寸法はポットの直径によって最適な数値も変わると思います。
私の試したところ、直径10cmのポットでは40〜45mmが最適でした。
もっと底面積が大きいポットをお使いであれば50mmでも良いかもしれません。

by KMKMR22 (2013-10-02 22:43) 

Asam

早速のご指導ありがとうございます。
ジェット孔の位置ですが、設計どおり直径38mmの位置でしたので、これは問題ないとおもいます。ジェット孔0.8mm8孔、クリース数18、センターホールは少し小さめの直径30mmにしました。全体の大きさH44mm、嵌合部までの高さ30mm、上部が14mmとなっております。おそらく内筒と上盤の接合か、あるいは内筒を支える下盤と上盤の関係が詰まっているとか、おかしくなっているように思います。内筒にガス抜き用の穴は0.8mmを1箇所開けました。少ないでしょうか?ためしに嵌合部をセロハンテープで塞いで点火してみましたが、ゴトクをつけた部分が密閉できずそこからもれました。ただこれも最初のみで、あとからはもれてきません。点火時に圧力が上がるのでしょうか??とにかくこのタイプ気に入っていますので、なんとか完成させたいと考えております。

by Asam (2013-10-02 23:31) 

KMKMR22

嵌合部分の燃料漏れだとすると、下部外缶と内張りの間に隙間があるのかもしれませんね。漏れが途中で止まるのは、熱でアルミが膨張して隙間が無くなるんじゃないかと。

またジェット孔についてはちょっと謎です。内側をJB-ウェルドで盛って軌道を長くしてあれば穴を開けた方向にガスが出るはずなんですが・・・
おっしゃる通りガスの通り道の何処かが塞がっているのかもしれません。

ガス抜きの穴はもう少し増やすか、大きくする方が良いかと思います。
念のため、今は1.5mmΦ×3カ所開けるようにしています。

うまくいくといいですね^^。

by KMKMR22 (2013-10-03 23:50) 

Asam

酒樽型ストーブもう一つ作ってみようと思います。
そこで教えていただきたいのですが、上側フープと下側フープの間に細い輪を設置してありますがこれはどのくらいの幅なのでしょうか?
おちょこの動画を見る限り1mm程度と推察しております。
またジェット孔にJB-ウエルドを盛り付ける祭、この輪の幅を超えないように盛り付けると理解しておりますがそれでせいかいでしょうか?

話が変わりますが、おちょこストーブの50mm径は上、下フープを作る材料がありませんでした。66mm缶でも底板の取れる限界は43mmのようです。フープ版は平板ではだめなんでしょうね。おそらくあの凹面がいいのでしょうか?40mm近辺のアルミ缶なかなかありませんね。
by Asam (2013-10-05 10:27) 

KMKMR22

Asamさん、こんにちは

おちょこストーブの輪の高さはお察しの通り高さ1mmです。
でも、酒樽型ストーブには輪っかは不要です。
35mm以下の口径の場合には、上下の輪の外端がかなり近づくので必要なのですが、口径が大きくなると輪の傾斜が増すのでスペーサーが無くても十分なスペースを作れます。

ジェット孔へのJB-ウェルドの盛りつけは、おっしゃる通り中の空間を塞がない範囲で作った方が各ジェット孔から均一にガスが出ると思います。

作っておられるストーブの寸法について一つ気になったことがあります。センターホール30mmは小さすぎるかもしれません。下輪の内側の口径も30mmだとすると中の空間が広すぎるかと。空間は狭い方が内圧が高まり、ガスの噴出に勢いが出ます。

ちなみにこのストーブの燃焼プロセスは大体以下の感じです。

1.センターホール内の予燃焼で内筒上部が加熱される
      ↓
2.溝内にあるアルコールが熱せられ気化する
      ↓
3.気化したガスがフープ内に溜まり圧力が高まる
      ↓
4.ジェット孔からガスが噴射

これらのステップごとにストーブの状態を確認してみて下さい。

最後に、下輪の断面形状は何でも大丈夫だと思います。
凹面が理想的ですが、66mm缶のさらに外側で切っても、空間が少し広くなるだけで問題ないと思います。
加工はかなり大変だとは思いますが・・・


by KMKMR22 (2013-10-05 13:59) 

Asam

重ね重ねご教授いただきありがとうございます。
センターホールは34mmにしました。ジェット孔が38mmですから半径にして
2mmの余裕となります。上側と下のフープは直接JB-ウエルドで接着するわけですね。
おちょこも同時並行で作ろうとウコン缶を買ってきました。45mmとちょっと大きいのですが、50mmよりはましでしょう。しかし、塗装をはがすのが大変で、どうしてこんなにものにより塗装が違うのでしょう。ミニ缶ですとコーラは剥がしずらい物に入ります。はがしやすいのはリアルゴールド缶、レギュラー缶ですとキリンのブラック、栄養ドリンクのサバスあたりでしょうか。
とにかくウコンはひどいです。

by Asam (2013-10-06 17:55) 

KMKMR22

ウコン缶は塗装がネバっとしていて私も苦手です。
アルミ自体も柔らかくて製作中にへこみ易いですし。

ところで、ちょっと思ったのですが、
ウコン缶を使うのでしたら、おちょこストーブよりもtetkobaさんのマイクロCHUの方が作り易そうな気がします・・・
by KMKMR22 (2013-10-06 22:35) 

Asam

ご報告
ご無沙汰しております。
1月経ちますが、書くのはここでよいのでしょうか?
あれからおちょこ3つ、50mm、35mm、ウコンの45mmを作ってみました。
50mmはちょっと上側フープを乗せるのに苦しかったですが、何とかトルネードがはっきり出るものができました。
酒樽には苦労しました。 KMKMR22さんの精度のよさが決めてでした。
炎の弱いのは、上側フープと内筒の接合が、しっかりできていなかったことが原因でした。酒樽は上側フープがおわん型のため、内筒上部に接着剤をつけていたのが敗因で、隙間があったようです。
いずれにしろ精度を要する工作で、難易度が高いものにいきなり挑戦した報いでしょう。
by Asam (2013-10-28 22:43) 

KMKMR22

Asamさん
完成おめでとうございます。
50mmバージョンはかなり大変だったと思います。
何やらややこしいものをご案内してしまいすみませんでした・・
もう少し的確にお伝えできれば良かったのですが、なかなか表現が難しくて。

酒樽の内筒部分の接合は私も接着剤を多めに使用しています。
上フープ側の凹部分に1mmくらいの厚さで塗り、内筒を押し付けてからグリグリっと左右に少しづつ回転させてなじませると接合部の隙間が無くなると思います。
ちなみにお茶缶式嵌合は私もなかなかうまくいきません(笑)
by KMKMR22 (2013-10-29 23:12) 

Asam

KMKMR22さん、こんばんは。
次々と新しいバージョンを発表されてすばらしいと思います。
アルコールストーブはシンプルのようで、なかなか奥が深いようです。
おちょこストーブは思ったより簡単にできました。
50mmバージョンは丁度66mmの缶ビールの底を、ヤスリで削ると丁度良い上側フープの材料が取れます。高さ40mmと50mmの2つ作ってみましたが、40mmのほうが着火がいいようです。50mmは何度か着火しないと消えたりして、火が燃え広がないようです。ジェットはおちょこスタイルは優秀と思います。きれいなジェットが見えます。
性能も良いですね。今度笠取山に行くときにもって行って、ラーメンでも
食べようと考えております。本当は明後日行く予定だったのですが、天候が
悪くなったので、中止になりました。
酒樽ストーブやはり上部フープのほうに接着剤を入れて、ぐりぐりですか
私も同様にしました。ただ円形内筒だけを先に接着して、後から折れの入った内筒を差し込んだため、少し傾いてしまいました。
再度挑戦するため、缶集めをしています。
by Asam (2013-11-02 18:50) 

KMKMR22

Asamさん こんばんは
66mm缶はヤスリを使用する手がありましたか。なるほどです。
私の方はそろそろネタ切れです(笑)
というか、ほぼ求めていた性能の物が出来てきたので、他になにかひらめくかなければ既存のストーブの微調整と使い勝手の改善をして行く程度だと思います。

私もおちょこストーブの方が気に入っています。ジェットがきれいに竜巻を描くので。
でも実用度で言うと酒樽も捨てがたいです。
やっぱり野外で使うにはゴトク一体は便利です。

上部フープと下パーツの接着ですが、私は内筒・折り目内筒&下フープ(事前に接着済)を組み合わせた状態でまとめて接着しています。その際に上フープの水平を確認しながら調整すればまっすぐにできると思います。
もっとも、多少傾いていても使用上は問題ないですけど・・・

笠取山ラーメン計画、成功をお祈りしています^^
by KMKMR22 (2013-11-04 18:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。