So-net無料ブログ作成
検索選択

くしゃくしゃストーブの沸騰試験 [アルコールストーブ:自作]

くしゃくしゃストーブの沸騰試験です。
淡々と燃焼するだけの動画なので、面白くないですが・・・

案の定、
の具合や、本体とアルミホイルとの隙間の状態によって
かなり性能が変化します。

実は試験を3回やったのですが、
沸騰時間は8分から〜9分の間でバラバラ。

思いつきで作ると性能も適当ですね^^;

また、上部の土手の部分ですが、
低過ぎると冷水を入れたポットに熱が奪われ、
火が消えてしまうことが判明。

もし試される場合はご注意を・・・

タグ:alcohol stove
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

りるびわ~くす

グルーブストーブと同様の燃焼かと思います。
突出しが小さいと火が消えるのも同じです。
グルーブストーブ系の特権の余熱時間ゼロ着火も、
問題なくできると思います。

強火を狙うときは土手を高めに整形し、
低燃費を狙うときは土手を低めに整形し、
燃焼中でも強火から弱火方向へは簡単だし、
自在に火力制御ができるのも良いです。
もの凄く楽しいアルコールストーブです。

こっち方面は自分の独壇場とタカをくくっていたのですが、
KMKMR22さんの最近の進撃ぶりがすさまじく、
うかうかしていられない状態となっております。

真面目系と不真面目系どっちも制覇されるおつもりなのでしょうか?
不真面目系だけでも良いので、少しは食い込める余地を残して下さいね。
by りるびわ~くす (2013-08-29 21:39) 

KMKMR22

真面目系も不真面目系も根本の原理は同じなので、面白さに変わりはないですね^^
今はアルミホイルウィックで複雑なものを作れないか考え中ですが・・・

りるびわ〜くすさんの今後の展開、楽しみにしております。
by KMKMR22 (2013-08-31 11:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。